嫌な臭いは徹底ブロック|わきが治療で爽やかな生活を送ろう

失った乳房や変形を改善

バスト

乳がんの増加と需要

乳がんを発症する女性は急激に増え、将来的にもさらなる増加が予測されています。乳がんは初期に見つかれば比較的治りやすい病気でもありますが、そのためには治療を続けていかなければいけません。今の治療法は、乳房温存術が基本になってきています。しかし、一昔前は乳房をできるだけ切除する手術がほとんどで、極端に胸がなくなる人も珍しくありませんでした。ただ、今の手術でも完治を目指すには部分的切除が避けられない場合もあります。乳がんの治療で胸が変形してしまった場合やなくなった場合などは、美容整形による乳房再建が役に立ってくれます。乳房の大きさや適切な形を求めて人工乳房を挿入したり、自分の脂肪で再建していくこともできるのです。乳房再建にはいろいろな種類があるため、症状に合わせた方法で美容整形が行われます。この乳房再建によって美しいバストを再び取り戻せるため、精神的な喜びを求めて美容整形を受ける人は少なくありません。美容整形による乳房再建技術は、増え続ける患者数に比例して、需要が高まってくると予想されます。

選べる治療法

乳房再建の方法では、それを受ける時期によって手術直後の一期と、手術後しばらくしてからの二期にわかれます。この時期で手術を受けていく場合は、手術内容やその後の状態にも影響してくるので、しっかりと受ける時期を選ばなければいけません。人工乳房を使う場合は、乳房を切除した後は皮膚や胸筋を拡張するための組織拡張期が挿入され、一定期間後にそれをシリコンバックに入れ替えます。または、術後の状態により組織拡張期は使わずにシリコンバックを先に入れていく方法も行われます。人工乳房を使わない場合は、自分の余分な脂肪を乳房に移植していく方法があります。お尻や太ももなどの目だたない部分から脂肪を取り除き、乳房に移植するだけで乳房再建の完成です。大きさを出すには限界がありますが、自然な形が実現できます。女性として胸の切除や変形は大きなショックでもあるため、乳房再建がその苦しみを救ってくれます。ただし、乳がんは再発の可能性が全くないとは言いきれないので、今後を十分に考えていく必要があります。