嫌な臭いは徹底ブロック|わきが治療で爽やかな生活を送ろう

切らないでリフトアップ

鏡に映る女性

人気のウルセラシステム

頬のたるみが原因で、小鼻の横から口の横にかけてほうれい線が出来ます。ほうれい線はしわではなく、頬と口周りの筋肉の境目です。頬が紫外線で乾燥したり、コラーゲンの生成能力が落ちたり、表情筋が弱ることで深くなります。しかし、深くなってきたほうれい線でも、プチ整形をすれば浅くできます。ほうれい線のたるみに効く最新マシンが「ウルセラシステム」です。沢山リフトアップマシンがある中で、ウルセラシステムは表情筋を鍛える効果があります。たるんでいる皮膚だけではなく、それを支える筋肉もリフトアップすることができるのです。ウルセラは強力なリフトアップ効果があることから、サーマクールに代わる治療として注目されています。

ほうれい線の特徴

頬のたるみは早い人で20代後半で自覚し始めます。たるみの度合いには個人差がありますが、ほとんどの人は40代に入ればほうれい線がくっきり目立ってきます。そしてほうれい線が深い人ほど、老け顔に見られる傾向があります。ウルセラシステムをすれば、ほうれい線を消して若返りができます。頬骨の位置が高くなり、目元もすっきりします。効果を長持ちさせるために、毎日表情筋を鍛えることも有効です。表情筋のエクササイズは道具がいらず、お金が一切かからないのが魅力です。スマホやパソコンをしながらでも出来ます。プチ整形は一時的な効果しかなく、1年ほどで元に戻ります。しかし、治療後に表情筋を鍛えたり、美顔器でメンテナンスをすることで長持ちさせることが可能です。