嫌な臭いは徹底ブロック|わきが治療で爽やかな生活を送ろう

失った乳房や変形を改善

バスト

乳がんを発症する人がどんどん増え始め、このままいくと女性のがんの中でも一番になるかもしれないと言われています。それぐらい深刻な状況にあり、乳がん治療も進化してきました。しかし、乳房の切除や抗がん剤による変形は避けられず、乳房を失ってしまった場合の対策に、乳房再建による美容整形が注目されているのです。

More Detail

わきがを治したい場合には

脇を見る婦人

どこへ行けばよいのか

わきがの悩みを抱えている人は、意外ほどたくさんいます。ある研究機関の調査結果によると、症状がごく軽微な人まで含めると、日本人の約10パーセントがわきがの症状を有していることになっています。臭いの悩みはとてもデリケートな問題であるため、わきがの臭いで悩んでいても周囲の人に気軽に相談してみることができません。自分1人で問題を抱え込んでしまう人が多く、余計に悩みが深刻化してしまいがちです。また、どこへ行けばわきが治療を受けることができるのかといった情報を得ることも難しくなっています。昔からわきが治療を行ってきたのは、一般皮膚科や形成外科です。しかし、近年になり、美容外科を標榜する医療機関もわきが治療を行うようになってきました。美容外科の治療は保険が効きませんが、審美面や患者の心情に対する配慮が行き届いているため、今後は美容外科でわきが治療を受ける人が増えるのではないかと予想されています。

治療方法

わきがの不快な臭いは、わきの下の常在菌が汗を餌にして繁殖する際に発生します。つまり、常在菌を完全に消滅させるか、わきの下から汗を分泌させないようにすれば、嫌な臭いの発生を抑えられるようになります。現実的なことを考えると、皮膚の常在菌を完全に消滅させることは不可能です。でも、わき汗の分泌を抑制することは可能です。したがって、わきが治療の主目的は、わき汗の分泌を止めることになります。昔からよく行われてきたのは、汗を分泌する汗腺を除去してしまう手術です。以前は汗腺ごと皮膚を大きく切除してしまう手術が行われていましたが、最近では汗腺だけを剪除する手術が一般的になりました。そのため、わきの下にそれほど大きな傷跡が残りません。また、ボトックス注射を打つ方法も開発されたため、以前よりもわきが治療を受ける人の数が増えてきました。

利用する整形を考える

男性の医者

美容整形を利用する場合、施術の種類を知り、自分がどのような施術を受けたいか考えてみることも大切です。心斎橋の美容整形を利用することを考えているのであれば、実際に行ってみて、無料カウンセリングで話を聞くことも可能です。また美容整形を利用した方の意見を、口コミで調べると参考にできます。

More Detail

切らないでリフトアップ

鏡に映る女性

新しいプチ整形ウルセラシステムは、頬のたるみのリフトアップに最適です。たるんでいる頬の肉と筋肉を一緒にリフトアップできるのがウルセラの特徴です。頬のたるみが解消されれば、深いほうれい線が浅くなります。

More Detail